にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の26回目です。

まずは、“初夏のセノハチ”というタイトルの「国立呉工業高等専門学校 ジオラマ作り隊」の作品です。
JR山陽本線の“瀬野~八本松”間の景色をモデルにしたものです。
(写真1 国立呉工業高等専門学校 ジオラマ作り隊)
国立呉工業高等専門学校 ジオラマ作り隊

信号機や街灯などは、実際にライトが点灯します。
また、橋梁を含めた線路も、しっかりと作られています。
(写真2 鉄橋と作業員)
鉄橋と作業員

このほか、自然の表現もすてきで、トンネル付近の樹木は青々と茂っています。
(写真3 トンネル)
トンネル

また、川の水や、周辺の人々など、安らぐ情景となっています。
(写真4 川の情景)
川の情景

モジュール全体を見ると、汽車が通過していくシーンもぴったりと合います。
(写真5 モジュール全体)
モジュール全体

つづいては、平城京の“朱雀門”を製作した「渋谷教育学園渋谷高校 鉄道研究部」の作品です。
意図的にメインをはっきりとさせ、重点的に仕上げたそうです。
線路の通し方やホームの設置など、アイディアもなかなかだと思います。
(写真6 渋谷教育学園渋谷高校 鉄道研究部)
渋谷教育学園渋谷高校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだまだ続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する