にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」から、モデラー出展の4回目です。

今回は、いろいろとお世話になっている「海でん☆やま電」(やま電)の皆さんで、箱根登山鉄道を再現しているジオラマです。
完成しているモジュールから、今年は2駅+1信号場をご紹介したいと思います。
(写真1 第19回 国際鉄道模型コンベンション~海でん☆やま電)
第19回 国際鉄道模型コンベンション~海でん☆やま電

まずは、1枚目の写真と合わせて、大平台駅です。
アレグラ号も運行していて、イベントの少し前に見てきたばかりの箱根そのものです。
(写真2 大平台駅)
大平台駅

つづいては、出山信号場です。上大平台信号場とちがって、少しカーブしているところもしっかりと再現されています。
(写真3 出山信号場)
出山信号場

実際の風景では、そこから見下ろせる(写真は反対側から)早川橋梁(出山の鉄橋)も、3Dの地図を見ているような感じです。
(写真4 早川橋梁)
早川橋梁

さらに下った塔ノ沢駅には、深沢銭洗弁天があります。
リアルで正面からでは恐れ多いので、木々の間からこっそりと撮ります。
(写真5 深沢銭洗弁天)
深沢銭洗弁天

そして、塔ノ沢駅全体を真上から見てみることにします。
そのものというばかりではなく、作品として眺めていても、いつまでも飽きない作りだと思います。
(写真6 塔ノ沢駅)
塔ノ沢駅

第19回 国際鉄道模型コンベンション~モデラー出展よりは、自らも出展した関係でご紹介できるのは一部ではありますが、まだ少し続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する