にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の23回目です。

まずは、小田急線“相模大野駅”を再現した「日本大学第三中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
通学に利用する駅ということで、製作には力が入ります。
(写真1 日本大学第三中学校・高等学校 鉄道研究部)
日本大学第三中学校・高等学校 鉄道研究部

小田急線のホームは照明も点灯し、さらに、床のマーク類や発車案内など、随所にこだわりが見えます。
(写真2 小田急線相模大野駅のモジュールから)
小田急線相模大野駅のモジュールから

つぎは、~幻の草軽軽便鉄道~“THE SPA Kusatsu”というタイトルの「群馬県立高崎高等学校 鉄道研究部」の作品です。
本物の水が流れるという、凝った作りになっています。
(写真3 群馬県立高崎高等学校 鉄道研究部)
群馬県立高崎高等学校 鉄道研究部

たまには、温泉につかってゆっくりするのもいいなと思わせてくれます。
(写真4 温泉のある情景より)
温泉のある情景より

つづいては、JR八戸線沿線の“八戸三嶋神社の例大祭”をモチーフにした「千葉県立千葉工業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
実際の情景をもとに、風景をアレンジしたモジュールとなっています。
(写真5 千葉県立千葉工業高等学校 鉄道研究部)
千葉県立千葉工業高等学校 鉄道研究部

線路を挟んだ奥には、お祭りとは対照的に、のどかな農村の風景が作られていています。
(写真6 JR八戸線の沿線風景から)
JR八戸線の沿線風景から

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、できるかぎり多くの参加団体(校)をご紹介したいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する