にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の19回目です。

はじめは、JR上越線の“上牧(駅)付近”をイメージした「渋谷教育学園幕張中学校・高等学校 鉄道研究部・同好会」の作品です。
雪のリアルな質感がすてきな仕上がりです。
(写真1 渋谷教育学園幕張中学校・高等学校 鉄道研究部・同好会)
渋谷教育学園幕張中学校・高等学校 鉄道研究部・同好会

坂道や水路など、雪景色を表現するにはぴったりの設定です。
(写真2 積雪の中の水路)
積雪の中の水路

踏切付近には、雪深い中、たくさんの人々の姿が見えます。
いわやる撮り鉄さんたちが、カメラを構えて列車を待っているようです。
(写真3 踏切で写真を撮る人々)
踏切で写真を撮る人々

つぎは、JR阪和線“山中渓駅”付近の風景を再現した「開智高等学校 鉄道研究会」の作品です。
桜の名所を、満開のシーズンで表現しています。
(写真4 開智高等学校 鉄道研究会)
開智高等学校 鉄道研究会

水流の少ない川は、透明感のあるきれいなつくりとなっています。
(写真5 山中渓のモジュールより)
山中渓のモジュールより

つづいては、西武線(都営大江戸線)“練馬駅”を再現した「浦和実業学園中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
紙で作り上げた駅や、爪楊枝を使ったホーム上の人々など、製作コストを意識して工夫しています。
(写真6 浦和実業学園中学校・高等学校 鉄道研究部)
浦和実業学園中学校・高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、少しでも多くの参加団体(校)を紹介できるように努めていきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する