にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の17回目です。

1校目は“羽田空港国際線ターミナル”を再現した「東京大学教育学部附属中等教育学校 鉄道研究部」の作品です。
地上と地下の両方が作られています。
(写真1 東京大学教育学部附属中等教育学校 鉄道研究部)
東京大学教育学部附属中等教育学校 鉄道研究部

ターミナルビルは、バスの発着なども見られます。
(写真2 ターミナルビル)
ターミナルビル

地下部分には、京浜急行電鉄の地下ホームがあります。
ここが、モジュール同士がつながっている線路になっているため、停車している車両は中央線(E233系)になっています。
(写真3 京急線の地下ホーム)
京急線の地下ホーム

2校目は、山陰本線の“保津峡駅”付近を再現した「埼玉県立浦和高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
新・旧の保津峡駅がつくられています。
(写真4 埼玉県立浦和高等学校 鉄道研究同好会)
埼玉県立浦和高等学校 鉄道研究同好会

旧保津峡駅(トロッコ保津峡駅)には、人々の姿もみられます。
(写真5 保津峡駅付近のモジュールから)
保津峡駅付近のモジュールから

2校目は、“田舎の駅”というタイトルの「奈良女子大学附属中等教育学校 鉄道同好会」の作品です。
近鉄奈良線の大和西大寺~西大宮間を再現していますが、まさにそんな感じという風に特徴を表現しています。
(写真6 奈良女子大学附属中等教育学校 鉄道同好会)
奈良女子大学附属中等教育学校 鉄道同好会

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、別の話題を入れながら、まだまだ続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する