にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
グリーンマックスのエボリューションシリーズ(EVO)103系・未塗装キットの車体と、トミックス 国鉄103系通勤電車(現行バージョン)の床下・台車を組み合わせた京浜東北線(鉄道模型・Nゲージ)への室内灯組み込みが完了しました。
以前掲載した記事の続きで、その後の完成報告です。
(写真1 GM EVO 103系とTOMIX 103系 京浜東北線)
GM EVO 103系とTOMIX 103系 京浜東北線

モハ103-モハ102のMM'ユニットで、TOMIXのスカイブルーとしては、まだ発売されていない同ユニットの“初期型冷改車”です。
※サハ103は、スカイブルーの初期型冷改車が製品化されています。
(写真2 GM EVO 車体+TOMIX 床・台車 103系)
GM EVO 車体+TOMIX 床・台車 103系

EVOキットを塗装したモハ102と、屋根を再塗装したTOMIXのサハ103・非冷房車を連結した様子です。
ともに、BMTNカプラーですので、EVO側の妻面(貫通路)に幌をつければ、よりいい感じになると思います。
(写真3 モハ102 GM-サハ103 TOMIX)
モハ102 GM-サハ103 TOMIX

車体側・グリーンマックス103系の加工については、すでに掲載済みですので、続きとしてLEDテープを加工した自作室内灯を取り付けたところのみの写真とします。
なお、TOMIX側は、無加工です。
(写真4 GM EVO+TOMIX 103系 室内灯取付)
GM EVO+TOMIX 103系 室内灯取付

この流れで、先頭車、クモハ103やクハ103も、うまく組み合わせられるといいのですが・・・。
続きの作業も、少しずつ進めていきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する