にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の16回目です。

今回は、“秋葉原”を再現した「土浦日本大学中等教育学校 鉄道研究サークル」の作品です。
JR山手線・京浜東北線・総武線の秋葉原駅付近で、中央通りと総武線の高架との交差地点にスポットを当てています。
(写真1 土浦日本大学中等教育学校 鉄道研究サークル)
土浦日本大学中等教育学校 鉄道研究サークル

まずは、ローアングルで、中央通りを秋葉原駅方面に見てみます。
そのままといった感じで、再現されています。
(写真2 秋葉原 中央通りと総武線の交差地点)
秋葉原 中央通りと総武線の交差地点

つづいて、高架下のドラッグストア・マツモトキヨシ方面を見てみます。
こちらも、現地にいるような光景です。
(写真3 秋葉原駅側から薬局方面)
秋葉原駅側から薬局方面

そして、中央通りから、秋葉原駅方面へ向かう通りに面している秋葉原電波会館も、特徴をとらえて再現されています。
(写真4 秋葉原電波会館)
秋葉原電波会館

また、モジュールを上から見ても、“あの場所”と思わず言ってしまいそうです。
(写真5 総武線の線路を上から)
総武線の線路を上から

あと、建て替えのため、工事を行っている様子なども作られていたりします。
総武線の高架に沿ってつくられたモジュールでした。
(写真6 工事中の用地)
工事中の用地

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、別の話題を入れながら続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する