にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の13回目です。

1校目は、“渋谷駅”を再現した「海城中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
山手線などのJR線をはじめ、東急東横線・田園都市線、東京メトロ副都心線・半蔵門線・銀座線、京王井の頭線と多くの路線が集まる東京の渋谷駅です。
(写真1 海城中学高等学校 鉄道研究部)
海城中学高等学校 鉄道研究部

モジュールは、東急百貨店のある建物と新しくできた渋谷ヒカリエをメインに構成されています。
(写真2 渋谷駅)
渋谷駅

連絡路や都営バスが行きかう道路など、しっかりと作られています。
(写真3 渋谷ヒカリエへの通路など)
渋谷ヒカリエへの通路など

2校目は、“阪和線富木駅”をモチーフにした「海城中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
国鉄になる前からの流れ(阪和電気鉄道)を感じる阪和線を表現しています。
(写真4 浪速高等学校 鉄道研究部)
浪速高等学校 鉄道研究部

車両基地やだんじり小屋など、特色のあるものをジオラマ内に収めています。
(写真5 阪和線富木駅のモジュールより)
阪和線富木駅のモジュールより

3校目は、“紫陽花咲く初夏の風景”というタイトルの「栄東中学・高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
江ノ島電鉄(江ノ電)や箱根登山鉄道を参考に、きれいな景色に仕上げています。
(写真6 栄東中学・高等学校 鉄道研究同好会)
栄東中学・高等学校 鉄道研究同好会

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、別の話題を入れて続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する