にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の12回目です。

1校目は、“高田馬場駅付近の立体交差”を再現した「早稲田大学高等学院 鉄道研究部」の作品です。
JR山手線と西武新宿線が交差する様子がすてきな感じです。
(写真1 早稲田大学高等学院 鉄道研究部)
早稲田大学高等学院 鉄道研究部

新目白通りとJR山手線の交差をイメージしたところも、しっかりときまっています。
(写真2 高田馬場駅付近)
高田馬場駅付近

2校目は、わたらせ渓谷鉄道の“神戸駅”をモチーフにした「淑徳中学高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
自然の美しいホームを表現しています。
(写真3 淑徳中学校・高等学校 鉄道研究同好会)
淑徳中学高等学校 鉄道研究同好会

駅前ロータリーの近くに、ひっそりと廃パスが置かれているところも見どころの一つです。
(写真4 廃パス)
廃パス

3校目は、“白銀の夢”というタイトルの「神奈川総合産業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
バンドをイメージして、白銀の世界の中に、楽器が配置されています。
(写真5 神奈川総合産業高等学校 鉄道研究部)
神奈川総合産業高等学校 鉄道研究部

3校目は、“お菓子”で作られたお城などの「普連土学園中学校高等学校 理科部」の作品です。
メルヘンな世界を楽しめるかわいいモジュールです。
(写真6 普連土学園中学校高等学校 理科部)
普連土学園中学校高等学校 理科部

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する