にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の11回目です。

はじめは、“1/10サイズの115系電車”の中を線路が通る「芝浦工業大学柏中学高等学校 鉄道研究サークル」の作品です。
高崎線や両毛線などをイメージした115系がモジュールの全体を占めています。
(写真1 芝浦工業大学柏中学高等学校 鉄道研究サークル)
芝浦工業大学柏中学高等学校 鉄道研究サークル

インパクトのある車両の中には、規定のNゲージ幅の線路が通っているほか、座席なども作られています。
(写真2 1/10スケール115系)
1/10スケール115系

つづいては、115系電車の貫通扉部分とつながっているお隣のモジュールで、東海道・山陽新幹線をイメージした「都立西高等学校 CR東日本」の作品です。
切通し区間を表現しています。
(写真3 都立西高等学校 CR東日本)
都立西高等学校 CR東日本

住宅の少ない区間を通る様子や高いフェンスなど、高速で通過する新幹線の格好よさを楽しめそうです。
(写真4 新幹線をイメージした切通し区間)
新幹線をイメージした切通し区間

3校目は、“石器時代遺跡”を表現した「芝学園 技術工作部」の作品です。
面白いテーマですが、モジュールは、しっかりと作りこまれています。
(写真5 芝学園 技術工作部)
芝学園 技術工作部

怪しげな感じもありますが、遺跡ですから、設定は現在のようで、公園のようなところに人々がたくさん集っています。
(写真6 石器時代遺跡を表現したモジュール)
石器時代遺跡を表現したモジュール

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、別の話題を入れて、まだたくさんの参加団体の作品が続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する