にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の10回目です。

1校目は、“山手線の踏切や立体交差”を再現した「日本工業大学駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会」の作品です。
立体交差のシーンは、まるで実際の景色を見ているような構成です。
(写真1 日本工業大学駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会)
日本工業大学駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会

山手線に唯一残る第二中里踏切です。
(写真2 第二中里踏切)
第二中里踏切

限られたスペースに、踏切と立体交差のシーンをうまくまとめています。
(写真3 山手線と湘南新宿ラインの交差があるモジュール)
山手線と湘南新宿ラインの交差があるモジュール

2校目は、“さらば平成。”というタイトルの「東京都立科学技術高等学校 鉄道研究部」の作品です。
東京都庁やレインボーブリッジなど、東京のシンボル的なものを配置し、大きく迫力のあるモジュールとなっています。
また、線路の上には架線もはられているなど、細かなところもしっかりと作られています。
(写真4 東京都立科学技術高等学校 鉄道研究部)
東京都立科学技術高等学校 鉄道研究部

3校目は、信越本線の“横川駅”を再現した「立正大学付属立正高等学校 鉄道研究部」の作品です。
軽井沢駅と列車が結ばれていた時の時代としています。
(写真5 立正大学付属立正高等学校 鉄道研究部)
立正大学付属立正高等学校 鉄道研究部

すっかりお約束となった写真を撮影する人々のシーンもホーム上に作られています。
(写真6 横川駅のホームで写真を撮影する人々)
横川駅のホームで写真を撮影する人々

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだまだ続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する