にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
ご訪問いただいているのに、多忙とそれに伴う疲労で、更新ができない日が多くなっていて申し訳ありません。
できるだけ体調を整えて、少しでもかんばれるように努めますので、よろしくお願いいたします。

さて、2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の9回目です。

1校目は、JR中央線などの“御茶ノ水駅”を再現した「聖徳学園中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
神田川や聖橋などがしっかりと表現されています。
(写真1 聖徳学園中学高等学校 鉄道研究部)
聖徳学園中学高等学校 鉄道研究部

中央線快速と中央・総武線各駅停車(緩行線)の乗り換えホームも雰囲気が出ています。
(写真2 JR御茶ノ水駅のモジュールから)
JR御茶ノ水駅のモジュールから

さらに、地上に一瞬出てくる東京メトロ丸ノ内線との交差も見どころの一つで、地下の千代田線も一部作られていたように思います。
(写真3 東京メトロ丸ノ内線との交差)
東京メトロ丸ノ内線との交差

2校目は、“JR尾頭橋駅の日常”というタイトルの「聖徳学園中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
JR東海道本線(中央本線)、名鉄線の各線が並走する様子を表現しています。
(写真4 鶯谷中学・高等学校 地歴サークル)
鶯谷中学・高等学校 地歴サークル

ホームから見えるグランドや高架下など、いろいろと工夫されています。
(写真5 JR尾頭橋駅のモジュールから)
JR尾頭橋駅のモジュールから

3校目は、千葉県の“佐原・小野川”付近を表現した「千葉県立京葉工業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
手作りの建物で沿線の様子を作り上げています。
(写真6 千葉県立京葉工業高等学校 鉄道研究部)
千葉県立京葉工業高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、他の話題を入れながら続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する