にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の7回目です。

1校目は、信越本線の“古津~新津付近”をイメージした「開智日本橋学園中学校・高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
踏切付近の情景は、かなり、しっかりと作られています。
(写真1 開智日本橋学園中学・高等学校 鉄道研究同好会)
開智日本橋学園中学校・高等学校 鉄道研究同好会
※コンテストの校名表記は、「開智日本橋学園中学校・高等学校 鉄道研究同好会」となっています。

田園風景の広がるところの直線区間がモジュールとなっています。
(写真2 信越本線のモジュールから)
信越本線のモジュールから

接続部分に作られている家も、雪の感じがリアルです。
(写真3 雪が積もる家)
雪が積もる家

2校目は、わたらせ渓谷鉄道の“水沼駅”をモデルにした「立教池袋中学校・高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
温泉のある駅の再現にもこだわっています。
(写真4 立教池袋中学校・高等学校 鉄道研究同好会)
立教池袋中学校・高等学校 鉄道研究同好会

桜が咲くシーズンの川と踏切付近のシーンは、春らしく明るい感じがしてきれいです。
作品には“山桜と水観の小駅”というタイトルがつけられています。
(写真5 桜が咲く踏切付近)
桜が咲く踏切付近

3校目は、“京の街の入口”というタイトルの「京都市立京都工学院高等学校 鉄道研究部」の作品です。
留置線に留まる複数の電車や新幹線と、京阪電車が交差する迫力のあるシーンとなっています。
(写真6 京都市立京都工学院高等学校 鉄道研究部)
京都市立京都工学院高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、まだまだ続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する