にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」から、モデラー出展の2回目です。

今回は、出展ブースから見えるところの「芝浦工業大学附属中学高等学校 鉄道研究部」の皆さんです。
1/80 16.5mm(16番/HO)の展示です。
(写真1 芝浦工業大学附属中学高等学校 鉄道研究部)
芝浦工業大学附属中学高等学校 鉄道研究部

比較的広いブースには、スケールに合わせた“芝浦駅”が作られていて、都営バスや東急バスなどのバスターミナルとなっていました。
(写真2 芝浦駅のジオラマ)
芝浦駅のジオラマ

このほかにも、沿線の家や都営バスの車庫など、市販されていない大きめの情景が作られていました。
(写真3 家屋や都営バスの車庫など)
家屋や都営バスの車庫など

また、周回しないエリアには、車庫のような感じで、車両がたくさん置かれていました。
(写真4 211系や電気機関車など)
211系や電気機関車など

通勤・近郊型から、特急・客車などいろいろな1/80サイズの車両が見られました。
これらは、寄付でいただいたものも結構あるとのことでした。
(写真5 103系や113系など)
103系や113系など

そして、個人的にお気に入りのプラ製の03系京浜東北線もありました。
大きな会場では、1/80サイズの車両は、見ごたえがあると思います。
(写真6 103系京浜東北線 1/80 16.5mm)
103系京浜東北線 1/80 16.5mm

第19回 国際鉄道模型コンベンション~モデラー出展よりは、別の話題を入れながら続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する