にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の5回目です。

1校目は、“花道のラストラン”というタイトルの「自由ヶ丘学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
寝台特急「富士・はやぶさ」の最終列車が出発する東京駅を再現しています。
東海道線のホームも照明が点灯して、しっかりと作られています。
(写真1 自由ヶ丘学園高等学校 鉄道研究部)
自由ヶ丘学園高等学校 鉄道研究部

メインの寝台特急が停車しているホームには、たくさんの鉄道ファンが集まっています。
蛍光灯や人の配置など、モジュール全体にこだわりを感じます。
(写真2 東京駅のシーンから)
東京駅のシーンから

2校目は、“日本の工業を支える鉄とそれを運ぶ車両”というタイトルの「東京都立戸山高等学校 地理歴史部」の作品です。
京浜地区のJFEスチール(旧 川崎製鉄/日本鋼管)東日本製鉄所をモデルにしています。
(写真3 東京都立戸山高等学校 地理歴史部)
東京都立戸山高等学校 地理歴史部

建物の錆などを上手に表現しているほか、3Dプリンターも使った特殊な貨車など、こだわりの製作となっています。
(写真4 製鉄所の貨車)
製鉄所の貨車

3校目は、JR山手線・都電荒川線(東京さくらトラム)“大塚駅”を再現した「正則学園高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
JR線と路面電車の交差や、山手線のホームドアなど、同駅の特徴を捉えています。
(写真5 正則学園高等学校 鉄道研究同好会)
正則学園高等学校 鉄道研究同好会

4校目は、JR東海道線の“根府川付近”をモチーフにした「広尾学園 中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
“真夏の根府川”というタイトルかつけられていて、トラス橋は3Dプリンターを使って作られています。
(写真6 広尾学園中学校・高等学校 鉄道研究部)
広尾学園中学校・高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門は、別の話題などを入れて続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する