にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~1畳レイアウト部門の1回目です。

鉄道模型コンテストは、本年も他部門を含めて参加団体(校)が多いことと、写真の撮影状況などから、すべての参加学校(団体)をご紹介できませので、あらかじめご了承ください。

はじめは、“日本の四季”をテーマにした「桐朋高等学校 交通研究部 鉄道模型班」の作品です。
大きいサイズの1畳レイアウトでは、奥行き感のあるシーンが作れます。
(写真1 桐朋高等学校 交通研究部 鉄道模型班)
桐朋高等学校 交通研究部 鉄道模型班

全体を見ると、テーマの通り、中心となる駅付近は“春”を、その他のシーズンは、“冬”から順に、“秋”、“夏”と手前に季節が変わっていきます。
(写真2 日本の四季をテーマにしたレイアウト)
日本の四季をテーマにしたレイアウト

つぎは、“都電荒川線(東京さくらトラム)”が中心となっている「桐朋高等学校 交通研究部 鉄道模型班」の作品です。
中央には、電車が集まる車庫が配置されています。
(写真3 岩倉高等学校 鉄道模型部)
岩倉高等学校 鉄道模型部

自動車やバスがたくさんの併用軌道から専用軌道へとかわるシーンなども見どころの一つだと思います。
(写真4 都電荒川線の併用軌道)
都電荒川線の併用軌道

つづいては、“兵どもが夢のあと~夏の安土城”というタイトルの「横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部」の作品です。
真ん中の一段高いところには、力を入れたという“安土城”が建っています。
(写真5 横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部)
横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部

その下のほうに視点を移すと、(JR線の)気動車が似合うローカルな景色があります。
(写真6 安土城のあるレイアウトから)
安土城のあるレイアウトから

鉄道模型コンテスト2018~1畳レイアウト部門は、他の部門などと並行して続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する