にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
箱根登山鉄道を中心に、あじさいの季節となった“箱根”(神奈川県足柄下郡箱根町)、2018年6月の話題の続き10回目です。

箱根ガラスの森美術館から、箱根海賊船に乗船するため、桃源台港へ向かいました。
桃源台港の看板は、箱根登山鉄道の駅名看板(駅名標)と同じデザインです。
(写真1 箱根海賊船 桃源台港)
箱根海賊船 桃源台港

桃源台(とうげんだい)までは、仙石原経由で箱根登山バスに乗車しました。
(写真2 箱根登山バス 桃源台)
箱根登山バス 桃源台

桟橋には、赤と緑の海賊船が着いていましたが、先に出発する赤い方の「ロワイヤルⅡ」に乗船しました。
(写真3 箱根海賊船と桟橋)
箱根海賊船と桟橋

箱根の海賊船は、平日は空いているという印象が強く残っていましたが、アジアを中心とする海外からの観光客でいっぱいでした。
日本人の乗客はほとんどおらず、別の国に旅行へ行ったような感じです。
また、ちょっと疲れていたこともあり、今回は、がら透きの「特別船室」のチケットを買いました。
(写真4 箱根海賊船 特別船室)
箱根海賊船 特別船室

特別船室の料金は、そんなに高くありませんでしたけれど、こちらは、ほぼ貸し切り状態です。
なんだか、申し訳ない気分になってきます…。
(写真5 特別船室のいす)
特別船室のいす

乗船するまでは、天候が怪しくなってきていましたが、再び、晴れてきました。
(写真6 箱根海賊船内からの景色)
箱根海賊船内からの景色

他の船との行き違いや芦ノ湖のきれいな景色を見ながら、箱根町港を経由して、元箱根港へ向かっていきます。
(写真7 ボートと山々)
ボートと山々

特別船室からは、前方の景色がよく見えるデッキに出られ、船長気分も味わえます。
(写真8 箱根海賊船から前方の景色)
箱根海賊船から前方の景色

波も穏やかで快適だったためか、あっという間に到着という感じでした。
下船するために、船室から階段を下りてくると、土産物などが目に留まります。
(写真9 船内の土産物など)
船内の土産物など

元箱根港から、少し離れた場所から見る芦ノ湖上の箱根海賊船も、なかなかいい感じです。
(写真10 芦ノ湖 元箱根港)
芦ノ湖 元箱根港

今回の「あじさいの箱根2018」は、登山電車も紫陽花も出てきませんでしたけれど、箱根は見どころがいっぱいです。
この話題は、あと、2回くらい続く予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する