にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の3回目です。

1校目は、東海道線の“玉川橋梁”付近を再現した「千葉日本大学第一高等学校 鉄道部」の作品です。
撮影スポットとして有名な場所をモジュールにしています。
(写真1 千葉日本大学第一高等学校 鉄道部)
千葉日本大学第一高等学校 鉄道部

両側のトンネル入口や、橋の下の街並みなども見どころの一つとなっています。
(写真2 玉川橋梁)
玉川橋梁

2校目は、今年春に廃止された“三江線”をイメージした「修道中学・高等学校 鉄道研究班」の作品です。
石見川本駅をモデルに、桜のシーズンを表現しています。
(写真3 修道中学・高等学校 鉄道研究班)
修道中学・高等学校 鉄道研究班

中心となる駅のほか、鉄橋下の情景も細かく作られています。
(写真4 三江線の風景より)
三江線の風景より

3校目は、在りし日の“仙台市電”をイメージした「宮城県仙台第一高等学校 鉄道研究部」の作品です。
コンテスト全体の関係で貨物列車が止まっていますが、路面電車の軌道と大崎八幡宮などの街並みです。
(写真5 宮城県仙台第一高等学校 鉄道研究部)
宮城県仙台第一高等学校 鉄道研究部

市電の軌道につながる通りからの様子も、なかなかいい感じです。
(写真6 仙台市電や大崎八幡宮など)
仙台市電や大崎八幡宮など

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門の作品紹介は、他の話題を入れながら続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する