にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月4日(土)~5日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2018・第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の2回目です。

はじめは、東急東横線の“妙蓮寺駅”を再現した「桜丘中学高等学校 鉄道総合研究同好会」の作品です。
東急線・JR横浜線菊名駅方面に向かう川崎鶴見臨港バス(京急グループ)や、OKストアーなど、特徴あるものが配置されています。
(写真1 桜丘中学高等学校 鉄道総合研究同好会)
桜丘中学高等学校 鉄道総合研究同好会

実際の駅も少しカーブしていて、コーナーを上手に使っています。
駅名にもなっている妙蓮寺や、新しく建ったマンションなど、しっかりとつくられています。
(写真2 東急東横線妙蓮寺駅付近)
東急東横線妙蓮寺駅付近

つぎは、“インドのダージリン”をイメージした「大阪府立佐野工科高等学校 電子工作部」の作品です。
壁面を使って、奥行き感を出しています。
(写真3 大阪府立佐野工科高等学校 電子工作部)
大阪府立佐野工科高等学校 電子工作部

モジュール全体としても鮮やかですが、各シーンも細かくきれいにつくられています。
(写真4 インドをイメージした風景より)
インドをイメージした風景より

つづいても、海外景色をイメージしたもので、“東欧の夜明け”というタイトルの「聖光学院中学校高等学校 交通研究部」の作品です。
戦車や指導者の銅像など、冷戦時代を感じさせる場面があります。
(写真5 聖光学院中学校高等学校 交通研究部)
聖光学院中学校高等学校 交通研究部

東欧の街並みや、大きな時代の変化を表現しています。
(写真6 東欧の夜明け)
東欧の夜明け

鉄道模型コンテスト2018~モジュール部門の作品紹介は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する