にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年8月17日(金)~8月19日(日)までの3日間、東京ビックサイト(東京国際展示場 東京都江東区有明)で開催された「第19回 国際鉄道模型コンベンション」から、モデラー出展の一部を、何回かにわたってご紹介したいと思います。

自らが出展していたことから、訪問・撮影をできたブースは限られていますが、写真が撮れているものについて、いくつかの団体を順次掲載します。今回は、出展ブースのおとなり「ポッポ屋」の皆さんの作品です。

はじめは、石炭運搬の貨車や蒸気機関車の転車台などがあるジオラマです、今では見られない、昭和の時代を象徴するような風家のひとつが作られています。
(写真1 石炭の運搬と転車台のあるジオラマ)
石炭の運搬と転車台のあるジオラマ

次も、なつかしさを感じさせるシーンです。単線の線路に、短い編成の車両が停車できるホームがあります。
地方ののどかな様子が伝わってきます。
(写真2 なつかしさを感じる駅)
なつかしさを感じる駅

ここからは、少し現在にもつながる風景で、江ノ電(江ノ島電鉄)の景色です。
手前は、鎌倉高校前駅、後ろは、JR横須賀線と接続する鎌倉駅に見えますが、実際はどうでしょうか。
(写真3 江ノ電の風景 )
江ノ電の風景

そして、江ノ電の本社をテーマに、江ノ島駅付近のモジュールもありました。
(写真4 江ノ島駅付近)
江ノ島駅付近

このほか、都会のビルなども見られました。
(写真5 都会のビル)
都会のビル

このあたりから、また、地方の風景を見ていきたいと思います。
“漁港モジュール”とタイトルがつけられていて、漁港に架かる鉄橋がポイントととなっています。
(写真6 漁港のモジュール)
漁港のモジュール

海に続いては、川のシーンの大井川鉄道の風景です。
鉄橋を通過する列車がすてきな感じです。
(写真7 大井川鉄道)
大井川鉄道

さらに、ローカルで、1両編成の列車が行く単線のモジュールです。
心が和むワンシーンだと思います。
(写真8 ローカルな景色)
ローカルな景色

ポッポ屋さんの出展は多くのモジュールがあったため、やむなく、いくつかのモジュールを抜粋して掲載しました。

掲載団体は限られてしまいますが、第19回 国際鉄道模型コンベンション~モデラー出展よりは続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する