にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
箱根登山鉄道を中心に、あじさいの季節となった“箱根”(神奈川県足柄下郡箱根町)、2018年6月の話題の続き8回目です。

箱根登山鉄道の中では、大平台駅周辺も有名なあじさいスポットの一つです。
(写真1 箱根登山鉄道と紫陽花)
箱根登山鉄道と紫陽花

大平台駅から、あじさいの小径を抜けると、警報機も遮断機もない踏切があります。
電車に注意して、踏切を渡ったり、写真を撮ることになります。
(写真2 あじさいの小径から踏切へ)
あじさいの小径から踏切へ

あじさいもきれいですが、見上げた青空も、とてもすてきでした。
(写真3 架線柱と青空)
架線柱と青空

あじさいのほか、ネコも出没するエリアです。
この時間は、まだ、大人になりきっていない感じのネコが、こちらの様子をうかがっていました。
(写真4 大平台駅周辺のネコ)
大平台駅周辺のネコ

そういえば、ついに、旧型車両が近いうちに全部置き換えられると発表がありました。
最新のアレグラ号はとても快適で、また、冷房なしでは、夏も異常な暑さになりますので仕方ないことですが、残念ではあります。
(写真5 大平台駅のスイッチバック)
大平台駅のスイッチバック

そんなに派手ではありませんけれど、大平台駅周辺のみどころマップもあります。
(写真6 大平台みどころマップ)
大平台みどころマップ

あじさいの箱根2018(6月)は、もう少し、続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する