にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
ここ数年集めたり、車両製作で余った鉄道模型パーツの整理を行いました。
現在、100円ショップのはがきケースだけで、24箱ほど(鉄道おもちゃ分を除く)になっています。
(写真1 100円ショップのはがきケースに入れた模型パーツ)
100円ショップのはがきケースに入れた模型パーツ

ときどき内容を確認しながら、カード(札)やシールを付けていかないと、無駄なものが増えて、余計な出費や場所を多く占領することになるため、最近増えた分について追加などしました。
(写真2 メーカー・パーツ名などを書いた札やシール)
メーカー・パーツ名などを書いた札やシール

圧倒的に多いのは、やはり京浜東北線をはじめとした通勤電車のパーツです。
改造や補修に便利なほか、ジャンク品を生かして、お手頃価格で車両を増やすことにも役立っています。
しかしながら、ラベルを作るは、まとめて行うためかもしれませんが、結構時間を取られてしまいます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する