にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年6月中旬に「品川駅線路切換工事」が行われ、京浜東北線の線路が変わってからの「旧・田町車両センター(跡地)の再開発工事」の進捗状況・2018年7月上旬の様子です。

今回は、東海道線(上野東京ライン直通列車)からの様子を記録します。
(写真1 旧・田町車両センター再開発の進捗 2018年7月上旬)
旧・田町車両センター再開発の進捗 2018年7月上旬

品川駅を発車してすぐのところも、いくつか変化がみられるようになりました。
(写真2 品川駅付近)
品川駅付近

また、京浜東北線の南行列車が隣を走行していくのも、まだ慣れないところです。
(写真3 線路切り替えにより隣を走行する京浜東北線)
線路切り替えにより隣を走行する京浜東北線

都営浅草線・京急線 泉岳寺駅近くの新駅では、ホームの工事が引き続き進んでいます。
(写真4 新駅付近)
新駅付近

なお、階段付近などは、あまり変化が見られないような気がしますけれど、ネットで見えづらく、列車の速度も速いため、何とも言えないところです。
(写真5 新駅ホーム)
新駅ホーム

そして、新駅から田町駅までの高架は、まだ、架線は張られていません。
(写真6 高架と架線の様子)
高架と架線の様子

また、側壁もほぼできあがっていますが、一部は、開いているところもあり、工事が続けられています。
(写真7 側壁がほぼできあがっている高架区間)
側壁がほぼできあがっている高架区間

この後も、様子を見ながら、変化を記録していきたいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する