にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
箱根登山鉄道を中心に、あじさいの季節となった“箱根”(神奈川県足柄下郡箱根町)、2018年の話題の続き3回目です。

出山信号場でスイッチバックした列車は、大平台駅でもスイッチバックと列車交換を行います。
アレグラ号3100形・3000形とベルニナ号1000形リバイバル塗装車両が並びました。
(写真1 箱根登山鉄道 アレグラ号とベルニナ号)
箱根登山鉄道 アレグラ号とベルニナ号

ちなみに、大平台駅付近はたくさんのあじさいが咲いていました。
(写真2 大平台駅付近のあじさい)
大平台駅付近のあじさい

同駅付近のあじさいは、塔ノ沢駅同様に、後ほど降りてゆっくり見ることにして、ここでは、対向列車を待っている間に、箱根湯本駅でゆっくり見られなかったアレグラ号に焦点を当てます。
まずは、2両連結の3100形の連結部分です。
(写真3 箱根登山鉄道 3100形の連結部分)
箱根登山鉄道 3100形の連結部分

つづいて、3100形と3000形の連結部分です。
(写真4 箱根登山鉄道 3100形と3000形の連結部分)
箱根登山鉄道 3100形と3000形の連結部分

中間に向かい合った運転席にも、あじさい電車の看板が置かれていました。
(写真5 あじさい電車)
あじさい電車

そして、先程のベルニナ号が到着すると、大平台駅を出発して、上大平台信号場へ向かいます。
こちらも、たくさんのあじさいがきれいに咲いていました。
(写真6 大平台出口踏切付近のあじさい)
大平台出口踏切付近のあじさい

ひとまず、3両編成のアレグラ号をメインに、あじさいの箱根2018は、つづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する