にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
KATO 103系(鉄道模型・Nゲージ)高運転台非ATC車(中央・総武線各駅停車)で、ジャンク車体のそりを輪ゴムで直すのその後です。※屋根上のパーツは、再塗装しています。
(写真1 新たに屋根のそりを直す)
新たに屋根のそりを直す

時間は数か月ほどかかりましたが、ひとまず、車体のそりは無事に直りました。
(写真2 KATO 103系 車体のそりは輪ゴムで解消)
 KATO 103系 車体のそりは輪ゴムで解消

しかし、屋根パーツと合わせてみたところ、1枚目の写真のように、屋根もおかしなふくらみがあり、ライト上部あたりに隙間ができてしまうため、こちらも重いものを載せて、調整することにしました。
1週間くらいで、少し間が狭まりましたので、気長に待てばこちらも何とかなると思います。
(写真3 重いものを載せて屋根のそりを直す)
重いものを載せて屋根のそりを直す

また、経過を掲載する予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する