にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年5月26日(土)に、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)大宮支社、さいたま市、(共催:JR貨物大宮車両所)による「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」が開催されました。
このイベントに行った話題の6回目で、EH500 などです。
(写真1 EH500-12)
EH500-12

EF65に続いて、EH500がならんでいて、電気機関車のパンタグラフなども展示されていました。
(写真2 電気機関車のパンタグラフ)
電気機関車のパンタグラフ

車体が分かれているため連結部分がありますが、どのようになっているか、間近で見ることができます。
(写真3 EH500の連結部分)
EH500の連結部分

こちらにも、台車枠なとが、たくさん並べられています。
(写真4 台車枠)
台車枠

EH500-12のとなりには、EH500-14もいました。
(写真5 EH500-12とEH500-14)
EH500-12とEH500-14

消された跡が残っている金太郎のロゴも不思議な感じです。
(写真6 消されている金太郎のロゴ)
消されている金太郎のロゴ

写真に撮って小さくすると、鉄道模型のパーツのようにも見えます。
(写真7 EH500-14)
EH500-14

工場内では、EF65やED75のナンバープレートが販売されていました。
(写真8 電気機関車のナンバープレート)
電気機関車のナンバープレート

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」の話題は、別の話題を入れて、次回でまとめる予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する