にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年5月20日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」からの5回目です。今回は、廃車解体中の車両やグループのバスの話題などを記録していきます。

まずは、ホームドア設置で、4扉のためドアの位置が合わず、前倒しで入れ替えが進められている800形です。
解体中の車両は、いつもながらさみしく感じます。
(写真1 廃車解体中の800形)
廃車解体中の800形

2000形は、先に登場した800形よりも、わずかに早くすべてが引退してしまいました。
草木の間から見ると、より、さみしさが増します。
(写真2 廃車解体中の2000形)
廃車解体中の2000形

その2000形には、車端部にクロスシートが残っていましたので、廃車により、鉄道部品として販売されました。
椅子は、実用的ですので、人気があります。
(写真3 配送準備中の2000形の椅子)
配送準備中の2000形の椅子

ここからは、いつものお約束といった感じの記録になりますが、旧形車の保存車両は、いまところ同じ場所にありました。
(写真4 保存車両)
保存車両

そして、事業用車関連では、保線に使用するマルチプルタイタンパー(08-16U)が、その存在感を示しています。
(写真5 マルチプルタイタンパー)
マルチプルタイタンパー

また、軌陸両用車も、いつもと同じように、展示されていました。
(写真6 軌陸両用車)
軌陸両用車

それから、いったん別の場所に飛びますが、「踏切非常ボタン操作体験」が、物販などが行われるグランドにありました。
(写真7 踏切非常ボタン操作体験)
踏切非常ボタン操作体験

再び、事業用車と同じところにもどり、通路を挟んで反対側に、グループ内の「川崎鶴見臨港バス」が、新しいキャラクターのラッピングバス(神明町営業所・所属)を展示・乗車体験していました。
(写真8 川崎鶴見臨港バス)
川崎鶴見臨港バス

さらに、京浜急行バスは、運転士募集のラッピングでした。
(写真9 京浜急行バス)
京浜急行バス

最後は、名称がかわり、新しくなった久里浜工場の看板で締めくくります。
(写真10 京浜急行電鉄久里浜工場の看板)
京浜急行電鉄久里浜工場の看板

5回にわたって掲載した「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」は、これで終わりです。来年の開催も、楽しみにしています。

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」(JR東日本・JR貨物)は、、鉄道模型の話題をもう一つ先に入れた後に、続きを掲載する予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する