にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年5月26日(土)に、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)大宮支社、さいたま市、(共催:JR貨物大宮車両所)による「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」が開催されました。
このイベントに行った話題の4回目で、115系新潟色やリニアドア展示・体験コーナーなどです。

車掌体験コーナーに使用されていたのは、115系新潟色の車両でした。
(写真1 115系 新潟色)
115系 新潟色

新潟車両センター所属のクモハ115-1008です。
台車は仮のもので、作業中の車両を使用していることがうかがえます。
(写真2 車掌体験)
車掌体験

その前では、リニアドア(リニアモータ式側引戸用戸閉装置)展示・体験コーナーです。
従来の空気式から、電気式+リニアモータ式へとドア装置も変わってきています。
(写真3 リニアドア展示・体験)
リニアドア展示・体験

ここで、別の棟に移りますが、車両センター会場の案内も各所に置かれていました。
なお、このタイプは、入口で来場者に配られていたものと同じです。
(写真4 車両センター会場案内)
車両センター会場案内

つづいて、鉄道部品をはじめとする物販やプラレールコーナーなどがある建物内にも、休憩車両として115系がありました。
使用されていたのは、先ほどの115系と同じ(N34)編成の中間車で、モハ114-1013でした。
(写真5 115系の休憩車両)
115系の休憩車両

なお、東海道線で使用されていた“サボ”は、かなり魅力的でしたが、お値段は結構するものでした…。
(写真6 販売コナー~サボ)
販売コナー~サボ

ほかにもいろいろと魅力的なものがありましたけれど、貨物関係も見たいので先を急ぎます。
(写真7 工場の建物 部品A棟)
工場の建物 部品A棟

工場の建物や貯蔵タンクなどの設備など、鉄道模型の資料としても、押さえておきたいものがたくさんあります。
(写真8 屋外タンク貯蔵所)
屋外タンク貯蔵所

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」は、いったん、「京急ファミリー鉄道フェスタ」の話題を掲載した後につづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する