にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年5月26日(土)に、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)大宮支社、さいたま市、(共催:JR貨物大宮車両所)による「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」が開催されました。
このイベントに行った際の話題の2回目で、公開エリアの工場内に入場中の車両です。

JRの車両センターですが、小田急電鉄の4000形の姿があり、注目を集めていました。
(写真1 鉄道ふれあいフェア~入場中の小田急4000形)
鉄道ふれあいフェア~入場中の小田急4000形

並んでいる順に、つぎは、255系の中間車で、近畿車輛の銘板が気になるところです。
(写真2 255系中間車)
255系中間車

また、特急形車両の座席を、貫通路から、いつもとはちがった視点で見られました。
(写真3 255系の車内)
255系の車内

そのとなりは、成田エクスプレスなどとして使用されているE259系です。
妻面から見る裾の絞り具合が、なかなかキュートです。
(写真4 E259系)
E259系

つづいては、通勤形電車のE231系のうち、中央・総武線各駅停車(緩行線)で使用されている車両です。
(写真5 E231系)
E231系

近くで見られる連結器や乗務員室も気になりますが、所属表記が消されているのもポイントの一つです。
(写真6 所属表記が消されているE231系)
所属表記が消されているE231系

そして、一番入口側にあったのは、255系の先頭車です。
製作・改造中の鉄道模型のような塗装具合も、興味をひかれます。
(写真7 255系先頭車)
255系先頭車

おまけになりますけれど、近くあったたくさんのフォークリフトもいい感じです。
(写真8 工場内のフォークリフト)
工場内のフォークリフト

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」の話題は、さらに、つづきます。
(京急ファミリー鉄道フェスタは、少し後になりますが、続きを掲載の予定です。)
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する