にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年5月20日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」からの4回目です。今回は、特修工場を中心に、プラレール(鉄道おもちゃ)の話題なども記録していきます。

毎年、更新中の車両が気になる特修工場は、新1000形などが入場中でした。
(写真1 特修工場内の新1000形)
特修工場内の新1000形

引退した2000形も、生き残りの車両はきれいになるようです。
(写真2 特修工場内の2000形)
特修工場内の2000形

車内も座席の一部などが取り外され、作業が行わているところです。
(写真3 2000形の車内)
2000形の車内

そして、特修工場と主工場の間にあるトラバーサーです。
お約束なので、2018年も記録しておきます。
(写真4 トラバーサー)
トラバーサー

さらに、特修工場(手前)も同様に記録しておきます。
(写真5 特修工場)
特修工場

ちなみに、工場内の隅には、昨年と同じ場所に、メーカー協賛の「プラレール広場」がありました。
京急オリジナル(事業者限定)の“プラレール”がたくさん並んでいます。
他社では見られないほど、種類が充実しています。
(写真6 特修工場内のプラレール広場)
特修工場内のプラレール広場

なお、このイベントでは、2000形プラレールのダブルセットが、数量限定で先行発売されましたけれど、予想に反して、“プラレール広場”と物販コーナーの“おとどけいきゅう”のどちらも、最後まで売り切れずに残っていました。
(写真7 物販コーナーの“おとどけいきゅう”)
物販コーナーの“おとどけいきゅう”

あと、限定物といえば、鉄道模型メーカー“KATO”も出店して、先頭車差し替え用で“けいきゅん”の2100形(Nゲージ)を販売しました。
こちらは、数量がかなり少なかったこともあり、完売となりました。
(写真8 物販コーナーの“KATO”)
物販コーナーの“KATO”

京急ファミリー鉄道フェスタ2018は、次回まとめとなります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する