にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年5月20日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」からの2回目です。

車両撮影コーナーのとなりは、「正面方向幕実演コーナー」で、京急800形 リバイバルカラーの車両でした。
(写真1 京急800形 リバイバルカラー)
京急800形 リバイバルカラー

懐かしい表示で、エアポートではない“急行”の記憶がよみがえります。
(写真2 京急800形「急行 11D 新町」表示)
京急800形「急行 11D 新町」表示

さらに、そのとなりは、「運転台撮影コーナー」で、1500形です。
LED表示ではありますが、変わった表示をみなさんが楽しんでいました。
(写真3 運転台撮影)
運転台撮影

また、イベント設定はないものの、新1000形アルミ車などがありました。
(写真4 京急 新1000形アルミ車)
京急 新1000形アルミ車

そして、イベントではすっかりおなじみとなった“デトのヘルメット”です。
(写真5 デトのヘルメット)
デトのヘルメット

背後の窓から、救援機材のコンテナを積んだ「デト15-16」が、昨日掲載の「車両撮影コーナー」に並んでいるのが見えます。
(写真6 デト15-16)
デト15-16

このほか、少しだけ場所を移動して、主工場のわきには、旧1000形の花電車がありました。
(写真7 旧1000形 花電車)
旧1000形 花電車

並べば、もっときちんと撮影できたのですが、横着して手すりの間から、ことでんにラッピングを行った記念のヘッドマークが、旧1000形に取り付けられているのが見えました。
(写真8 ことでんとのコラボヘッドマーク)
ことでんとのコラボヘッドマーク

JR東日本をはじめ、関東の鉄道は新形式の車両が続々と登場するなか、京急は新1000形をマイナーチェンジしながら、ひたすら投入していますので、ラッピングや引退していく車両で、イベントをがんばって盛り上げたという感じもあります・・・。

京急ファミリー鉄道フェスタ2018の話題は、さらにに続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する