にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2018年5月20日(日)に、京浜急行電鉄の久里浜工場(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」からの1回目です。
※昨年の開催時は、京急ファインテック久里浜事業所でした。
(写真1 京急ファミリー鉄道フェスタ2018)
京急ファミリー鉄道フェスタ2018

まずは、人気の「車両撮影」コーナーからです。
今年も、赤(2100形)・青(600形・KEIKYU BLUE SKY TRAIN)・黄(新1000形・KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN)の各車両が並びました。
(写真2 車両撮影~京急2100形・600形・新1000形)
車両撮影~京急2100形・600形・新1000形

KEIKYU YELLOW HAPPY TRAINは、やはり、幸せになりそうです。
(写真3 京急ブルースカイ・イエローハッピー)
京急ブルースカイ・イエローハッピー

そして、こちらは、奇抜なラッピング(1500形)やステンレス車体への塗装(新1000形)と、引退が迫る(800形)車両です。
(写真4 車両撮影~京急1500形・新1000形・800形)
車両撮影~京急1500形・新1000形・800形

大師線で活躍の「京急120年の歩み号」は、久里浜工場でもひときわ目立ちます。
(写真5 京急120年の歩み号)
京急120年の歩み号

また、1201編成の前面には、京急120年とけいきゅんのマークがついています。
なんか、数字が足されているようですが…。
(写真6 京急120年とけいきゅん)
京急120年とけいきゅん

そして、京急2000形リバイバルカラーも並びました。
(写真7 京急2000形リバイバルカラー)
京急2000形リバイバルカラー

ブルーリボン賞を受賞した2扉車での登場は、強烈なインパクトがありましたが、3扉車としての活躍も終えて寂しくなります。
(写真8 ブルーリボン賞のヘッドマーク付き)
ブルーリボン賞のヘッドマーク付き

京急ファミリー鉄道フェスタ2018の話題は、次回に続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する