にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2編成目を調整中のTOMIX(鉄道模型・Nゲージ)E217系 4次車・更新車(横須賀線/総武線快速などの新色)は、2階建てグリーン車のユニットに続き、サハE217を手持ちのパーツから組み上げます。
(写真1 TOMIX E217系 4次車・更新車と209系0番台)
TOMIX E217系 4次車・更新車と209系0番台

209系0番台・京浜東北線と同様に、一時期、安価で入手ができた偶数のM車(パンタグラフなし)を使って、サハE217を作ります。
このとき、209系やE217系の旧製品は貫通扉を削らなくてはなりませんが、TOMIXの4次車・更新車(新色)は、モハE216とサハE217の共通ボディーに、別パーツの貫通扉が幌でとめられているだけなので、これを外すだけで、簡単にサハE217という設定になります。
(写真2 TOMIX モハE216 旧製品・旧色と更新車・新色)
TOMIX モハE216 旧旧製品・旧色と更新車・新色

そして、サハの床下は、209系やE217系の旧製品も含めて共通なものが多いので、便利に使いまわしができます。
また、4次車・更新車(新色)で使われている台車は、サロを除く更新車各形式や、209系500番台(0番台は不同)・E231系の一部などと共通パーツ(TOMIXの模型では、TR246H)なため同様に利用が可能で、分売パーツとして入手もできます。
(写真3 TOMIX サハE217-2000とサハ209-0)
TOMIX サハE217-2000とサハ209-0

このような感じで、手持ちのパーツで組み上げた2編成目のサハE217-2000(ロングシート)の2両です。
このうち6号車は、ダブルデッカーのグリーン車・サロE217のとなりに連結されます。
(写真4 TOMIX サハE217-2000 2編成目の2両)
TOMIX サハE217-2000 2編成目の2両

ストックしているパーツの整理も兼ねて、2編成目の組成は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する