にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
照明器具(シーリングライト)を、蛍光灯からLEDにタイプに複数まとめて交換することになり、セットになっていたリモコンも廃棄されることになりました。
大手電気メーカーのロゴが入ったまだ使えるリモコンがもったいなく感じたので、お約束のように分解してみたところ、電池ボックスが作れそうだったので、該当部分以外を切り落として、残ったところをヤスリがけしました。
(写真1 照明器具 シーリングライト用のリモコン分解)
照明器具 シーリングライト用のリモコン分解

予想以上に、きれいな白い単3形乾電池×2本の電池ボックスができあがりました。
これなら、鉄道模型や鉄道おもちゃ(プラレール)などの電子工作に使えます。
(写真2 廃棄リモコンから電池ボックスを製作)
廃棄リモコンから電池ボックスを製作

このほかにも、赤外線LEDなど、電子パーツもいくつか流用できそうです。
(写真3 使えそうな赤外線LED)
使えそうな赤外線LED

うちには、ほかにもこういったものがありますけど、新しいものになって、もう少し活躍してもらいます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する