にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
相鉄・JR直通線 (仮称)羽沢横浜国大駅工事の進捗は、だいぶ間が開いてしまい2016年12月以来、約1年6ヶ月ぶりの2018年5月上旬の様子です。

スタートは前回と同じく、 羽沢貨物駅バス停(神奈中バス)付近からですが、予定の駅名は、「羽沢駅」から「羽沢横浜国大駅」にかわっています。
(写真1 神奈川中央交通 羽沢貨物駅バス停)
神奈川中央交通 羽沢貨物駅バス停

工事を案内する看板は、「相鉄・JR直通線」で変わりありませんが、予定期間が書き換えられた様子から、遅れていることがわかります。
(写真2 相鉄・JR直通線工事の案内板)
相鉄・JR直通線工事の案内板

前回、すでに建物を建てはじめる様子がありましたけれど、やはり、この1年半の間は、大きな変化がありました。
報道公開などもありましたように、駅舎がかなりのところまで、できあがっています。
(写真3 羽沢横浜国大駅の建物)
羽沢横浜国大駅の建物

地上部分に出てくる反対側のホーム予定地も同様です。
(写真4 羽沢横浜国大駅の建物 新横浜駅方面)
羽沢横浜国大駅の建物 新横浜駅方面

また、東海道貨物線の脇には、道路もきれいに舗装されました。
(写真5 羽沢横浜国大駅の建物 西谷駅方面)
羽沢横浜国大駅の建物 西谷駅方面

さらに、その先の西谷駅方面には、囲いがなくなった建物部分も見えています。
(写真6 囲いがなくなった建物)
囲いがなくなった建物

歩道橋を挟んだ相鉄方面のホームは地下になってしまうので、横浜羽沢駅(貨物ターミナル)の橋を渡って、常盤台(横浜国大)側からも、建設途中の大きな駅舎を見ておきます。
さりげなく気になるのは、のどかな感じは、まったく変わりありません。
(写真7 横浜羽沢駅の反対側より羽沢横浜国大駅)
横浜羽沢駅の反対側より羽沢横浜国大駅

ひとまず、分岐点となる羽沢横浜国大駅は、形になってきた感じです。
次回は、貨物線への接続付近と、相鉄・東急直通線工事の掲載を予定しています。
関連記事
コメント
コメント
非公開コメントへのお返事
非公開コメントへのお返事です。

大変なところ、コメントありがとうございます。

表示の関係で、複数回重複して入力しまいました。(申し訳ありりません。)
書き込めないものとあきらめていたので、気持ちを伝えることができて、ほっとしました。

引き続き、お世話になりますが、よろしくお願いいたします。
2018/05/12(土) 12:47:00 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/05/11(金) 18:49:56 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する