にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
鉄道模型などの撮影に、メインで使用している照明の1つが、103系(京浜東北線)の撮影をしようとしたこところ、突然点かなくなってしまいました。
蛍光灯が切れたという感じではないので、急遽、分解して故障個所を見つけることにしました。

まずは、電子回路が収まっている胴体部分を開けました。
ここの開け方がなかなかわからず、ちょっとてこずりましたが、力を入れながらスライドすることで、ようやく回路が出てきました。
(写真1 デスクスタンドライトの回路)
デスクスタンドライトの回路

日本の大手メーカーの名がついた製品ですので、基板上の回路そのものが故障している確率はかなり低いので、タッチセンサのあたりからチェックしていきます。
(写真2 タッチセンサ)
タッチセンサ

あと、気になるところとしては、底面が接していることを確認するスイッチなど、物理的に動く個所を点検していきます。
(写真3 スイッチ)
スイッチ

基板回路の周辺は、とくに問題がなさそうだったので、まさかと思いつつも、蛍光灯付近も分解することにしました。
そうしましたら、かなり予想に反して、太いコードが完全に断線していました。
経年でねじが緩み、本来の角度よりも首を振るようになって、無理がかかっていたようでした。
(写真4 断線箇所)
断線箇所

そこで、はんだ付けを行い、もう一方の線と共に、断線箇所を強化しました。
そして、確認のため、プラグをコンセントに差して、ショートさせないように注意をしながら、タッチセンサに触ったところ、無事点灯し復活しました。
(写真5 蛍光灯点灯確認)
蛍光灯点灯確認

だいぶ使ってきていますが、今ここで買い替えになると、鉄道模型の車両がケースで買えるくらい費用がかかりますので、直って助かりました。
なお、各所のねじも締め直し、掃除もしましたから、これで、まだまだ活躍してくれると思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する