にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
へこみや傷が側面の前方にあって、これまで、お子さんの体験運転用車両として使っていたKATO(鉄道模型・Nゲージ)のクハ103を、撮影にも使えるようにするために、修理することにしました。
これは、10両編成で国鉄仕様の山手線を、先頭車の差し替えでJR化後にも対応できるようにするため、ATC準備車から製作したJRマーク付きのものとペアを組ませるためです。
(写真1 KATO 103系 ATC準備車と修理車両)
KATO 103系 ATC準備車と修理車両

手順の関係で、あらためて修理前の写真は撮りませんでしたが、正面から見て左側、前面と側面の角に、屋根から帯あたりまで、傷やへこみと、それに伴う塗装の剥がれがありました。
埋めるか、削るか迷いましたけれど、この車両については、傷などが浅めだったことから、周辺を少しずつ削ったうえで、塗装(下地剤を含む)でごまかすという選択をしました。
光の加減と角度によっては、修理したことがわかってしまいますが、写真にとっても、簡単にはわからないところまで、何とかなったと思います。
あと、いつものように、屋根上のクーラーやベンチレーターなども塗り分けを行っています。
(写真2 KATO 103系の修理車両クハ103-300)
KATO 103系の修理車両クハ103-300

元が、ATC車10両編成セットのよい車両(クハ103-300)のため、傷などにより格安で入手したときに、いずれはなんとなればいいなと思っていたので、編成に組み込んで走らせられるのは嬉しいところです。
後日、方向幕やJRマークなどを貼って、山手線として完成させるつもりです。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する