にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
以前に、KATO(鉄道模型・Nゲージ)103系高運転台の色落としを、IPAで落ちなかったり、うすめ液でボディを割ったりしたことがありましたが、先日の流れを受けて、ガンダムマーカー消しペンとペイントリムーバーでの色落としを行ったところ、103系については、割れたり、溶けたりするということがわかりました。
(写真1 KATO 103系 色落とし)
KATO 103系 色落とし

今回の作業は、ウグイス(山手線色)の車両に、スカイブルー(京浜東北線色)を塗った車両を、配転のため、再度ウグイス(山手線色)にもどすというものでしたが、ガンダムマーカー消しペンは、うすめ液とほぼ同じような感じで、ボディが崩壊していきました。
(写真2 KATO 103系 消しペンで割れたボディー)
KATO 103系 消しペンで割れたボディー

また、ペイントリムーバーでは、接着剤のような感じで、粘りながら、少しずつ溶けるという感じになってしまいました。
※車端の割れている部分は、消しペンによるものです。
やはり、以前の製作同様に、製品の塗装を全部またはできるだけ残すようにするというのが、今のところよいという結論になりました。
(写真3 KATO 103系 リムーバーで溶けたボディー)
KATO 103系 リムーバーで溶けたボディー

そんなことから、はじめに少量のペイントリムーバーを使って、重ね塗った部分と、場合によっては元の塗装のごく一部を落としつつ、2000番のフィニッシングペーパーを併用して、ムラやごみをなくすなどするようにしました。
なお、新しい車両(10両セットやATC準備車など)は、薄く塗られているのか、元の塗料がしっかりしている段階でも、ペイントリムーバーでボディが溶けだす傾向にあるので、かなり注意が必要(基本的には使用できない)だと感じました。
※上は割れた車両の反対面で、下は1両すべて成功した車両
(写真4 KATO 103系 少し色を残して成功した色落とし)
KATO 103系 少し色を残して成功した色落とし

ちなみに、塗り替えに成功すると、元の色を感じさせない車両となります。
※前面の飾り帯は、反射で青くなっているだけで、元のメッキを残しています。
(写真5 KATO 103系 過去にスカイブルーに塗り替えた横浜線)
KATO 103系 過去にスカイブルーに塗り替えた横浜線

鉄道模型車両のボディーは、同じように見えても、材質や混合比が微妙にちがい、塗料や接着剤の相性を探るのが大変だと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する