にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の36回目です。

はじめは、“ランナーを止めずに電車を止める”というタイトルの「開成学園 模型部」の作品です。
箱根駅伝が行われている小涌谷駅付近をイメージしたジオラマです。
(写真1 開成学園 模型部)
開成学園 模型部

コンテストの規格のため複線だったりしますが、箱根登山鉄道の小涌谷踏切の雰囲気がよく再現されていると思います。
(写真2 小涌谷駅付近をイメージしたジオラマ)
小涌谷駅付近をイメージしたジオラマ

つづいては、京阪電車の“伏見稲荷駅”をモデルにした「西大和学園中学校高等学校 鉄道研究部」の作品です。
“「門前駅」と賑わい”というタイトルが付けれられ、駅や参道がつくられています。
(写真3 西大和学園中学校高等学校 鉄道研究部)
西大和学園中学校高等学校 鉄道研究部

3校目は、東北本線の“箒川橋梁”をテーマにした「幸福の科学学園高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
線路と並行する奥州街道(国道4号線)を一緒に眺めた時の様子がとてもいい感じです。
(写真4 幸福の科学学園高等学校 鉄道研究同好会)
幸福の科学学園高等学校 鉄道研究同好会

4校目は、鉄道と道路の併用橋だったときの“犬山橋”を再現した「茨城県立土浦第一高等学校 鉄道研究部」の作品です。
木曽川にかかる名鉄線の有名なポイントをシンプルに表現して魅力を伝えています。
(写真5 茨城県立土浦第一高等学校 鉄道研究部)
茨城県立土浦第一高等学校 鉄道研究部

5校目は、“JR常磐線石岡駅”を再現した「茨城県立並木中等教育学校 鉄道研究部/同好会」の作品です。
駅にある展示物をつくるなど、石岡駅の特徴をいろいろな視点で表現しています。
(写真6 茨城県立並木中等教育学校 鉄道研究部/同好会)
茨城県立並木中等教育学校 鉄道研究部/同好会

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門は、別の話題を入れて、次回が最終回となります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する