にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
少し前にKATO(鉄道模型・Nゲージ)のE233系1000番台京浜東北線で、ガンダムマーカーの消しペンを使用したら、銀の部分まできれいに色が剥がれてしまったという話を掲載しましたが、今回は、205系ではどうなるか、また、ペイントリムーバーも初めて使ってみました。
(写真1 KATO 205系の帯色落とし)
KATO 205系の帯色落とし

ガンダムマーカーの消しペンと同じメーカーのGSIクレオスから、「Mr.ペイントリムーバー」という製品が発売されています。
アルコール系の塗装剥離・除去液です。
(写真2 Mr.ペイントリムーバー)
Mr.ペイントリムーバー

はじめは、以前のE233系1000番台との比較をするため、ガンダムマーカーの消しペンで、205系関西色・小窓の帯色落としを行いました。
205系では、銀の部分がいきなり全部剥がれることはありませんでしたが、やはり、少しずつ溶かしているようです。
(写真3 KATO 205系 関西色 小窓の帯色落とし)
KATO 205系 関西色 小窓の帯色落とし

つぎに、205系横浜線・大窓で、それぞれの剥離液で帯色落とし行ってみたところ、ガンダムマーカーの消しペンは前者の時とほぼ同じで、一方、Mr.ペイントリムーバーは、こちらも少し溶かしてはいるようですが、消しペンよりは銀色が落ちにくいような感じでした。
いずれにしても、写真のように銀色を残しつつ、帯の色を簡単に落とすことができました。
(写真4 KATO 205系 横浜線 大窓の帯色落とし)
KATO 205系 横浜線 大窓の帯色落とし

205系は、製作の関係で、今後もラインカラーの塗装を落としていくので、さらに詳しいデータがとれそうです。
また、ペイントリムーバーを使った場合に、E233系はどうなるか気になるので、テストに使える車両が出てきたら、こちらも試してみたいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する