にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の33回目です。

まずは、“おいでよみかん山”というタイトルの「大阪緑涼高等学校 サブカルチャー研究部」の作品です。
日用品を多く使っているにも関わらず、リアルな表現が随所に見られます。
(写真1 大阪緑涼高等学校 サブカルチャー研究部)
大阪緑涼高等学校 サブカルチャー研究部

テーマとなっている“みかん”は、いたるところに美味しそうな実をつけています。
(写真2 みかん山の風景)
みかん山の風景

水切りネットなどを使って作られたグランドのフェンスなども、とてもいい感じになっています。
(写真3 グランドのフェンスなど)
グランドのフェンスなど

つづいては、“築堤の風景と旧線跡”を再現した「渋谷教育学園幕張中学校・高等学校 鉄道研究部・同好会」の作品です。
どこか特定の場所をモデルにしたわけではないとのことですが、こだわりを実感できる仕上がりです。
(写真4 渋谷教育学園幕張中学校・高等学校 鉄道研究部・同好会)
渋谷教育学園幕張中学校・高等学校 鉄道研究部・同好会

テーマの旧線跡も、線路や周囲の草など、再現力がすごいと思います。
(写真5 旧線跡の再現)
旧線跡の再現

3校目は、“終末を演出するストラクチャーたち”というタイトルの「宮城県仙台第一高等学校 鉄道研究部」の作品です。
緑化した建築物や車両、そのほか、倒れたタンクから流出する液体など、人の手が入らなくなった様子を表現しています。
(写真6 宮城県仙台第一高等学校 鉄道研究部)
宮城県仙台第一高等学校 鉄道研究部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門は、別の話題を入れて続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する