にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の30回目です。

はじめは、“鉄道とロケット”がコラボする「英数学館高等学校 科学部」の作品です。
鉄道については、おまけ感が否めないところですが、よくできたスペースシャトルと、そのインパクトはなかなかではないとかと思います。
(写真1 英数学館高等学校 科学部)
英数学館高等学校 科学部

飛ぶもの関連で続きまして、東海道線(JR東海)の“由比~興津と航空自衛隊静浜基地”をイメージした「浜松学院中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
ブルーインバルスが飛行する様子が格好よく表現されています。
(写真2 浜松学院中学校・高等学校 鉄道研究部)
浜松学院中学校・高等学校 鉄道研究部

3校目は、“御茶ノ水ナナメ 30°”というタイトルの「市川中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
中央線・総武線と東京メトロ丸ノ内線が交差する御茶ノ水駅付近の名所を再現しています。
(写真3 市川中学校・高等学校 鉄道研究部)
市川中学校・高等学校 鉄道研究部

4校目は、“線路情景”にこだわった「神奈川県立藤沢工科高等学校 鉄道研究部」の作品です。
モジュールの中でも、手前にある廃線は、特に力を入れたマニアックな作りです。
(写真4 神奈川県立藤沢工科高等学校 鉄道研究部)
神奈川県立藤沢工科高等学校 鉄道研究部

5校目は、JR内房線“竹岡駅”を再現した「桜丘中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
前回掲載分にも竹岡駅を製作した学校がありましたが、ちがった視点で同駅の魅力を表現しています。
ちなみに、ホームの端に設置されているモニターは、こだわりどころの一つではないかと思います。
(写真5 桜丘中学校・高等学校 鉄道研究部)
桜丘中学校・高等学校 鉄道研究部

6校目は、“二十四通りの風景”というタイトルの「大阪府立茨木工科高等学校 鉄道研究部」の作品です。
大きく6つに分けた中に、いろいろなシーンを盛り込んでいます。
(写真6 大阪府立茨木工科高等学校 鉄道研究部)
大阪府立茨木工科高等学校 鉄道研究部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門は、さらに続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する