にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の29回目です。

1校目は、“2050年のわが街泉佐野”というタイトルの「大阪府立佐野工科高等学校 電子工作部」の作品です。
リニア新幹線などで未来の都市をイメージしています。
(写真1 大阪府立佐野工科高等学校 電子工作部)
大阪府立佐野工科高等学校 電子工作部

一方で、高架下の工事現場など、整然としていないところも、しっかりとつくられています。
(写真2 高架下の工事)
高架下の工事

2校目は、“広島駅”を再現した「修道中学校・高等学校 鉄道研究班」の作品です。
一部簡略化しているものの、開業した東北自由通路などを中心に、安価なプラ材などで製作しています。
(写真3 修道中学校・高等学校 鉄道研究班)
修道中学校・高等学校 鉄道研究班

3校目は、“しなの鉄道”をテーマにした「淑徳高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
長野県の小諸市内をイメージした風景となっています。
(写真4 淑徳高等学校 鉄道研究同好会)
淑徳高等学校 鉄道研究同好会

4校目は、“山と川に囲まれた線路”というタイトルの「浦和実業学園中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
JR山陰本線(嵯峨野線)保津峡駅付近を参考にして、空想の景色を作り上げています。
(写真5 浦和実業学園中学校・高等学校 鉄道研究部)
浦和実業学園中学校・高等学校 鉄道研究部

5校目は、JR内房線“竹岡駅”を再現した「千葉県立千葉工業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
海が近く、ローカルな風景に、小さいながら特徴のある新しい駅舎を中心に表見しています。
(写真6 千葉県立千葉工業高等学校 鉄道研究部)
千葉県立千葉工業高等学校 鉄道研究部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門は、別の話題を入れて、さらに続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する