にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
昨日に続いてとなりますが、2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の27回目です。

はじめは、“ロープウェイのある風景”というタイトルの「日本工業大学駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会」の作品です。
日本の温泉旅館の再現と、実際に動くロープウェイが見どころで、電飾にもこだわっています。
(写真1 日本工業大学駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会)
日本工業大学駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会

2校目は、京成押上線“京成立石駅”を再現した「岩倉高等学校 鉄道模型部」の作品です。
駅前の商店街の入口やホームの様子など、昭和の雰囲気が残る京成立石駅らしさがよく出ていると思います。
(写真2 岩倉高等学校 鉄道模型部)
岩倉高等学校 鉄道模型部

3校目は、東北本線“大河原駅付近”をイメージした「東京都立西高等学校 CR東日本」の作品です。
おおがわら桜まつりが行われるなど、桜の名所としてきれいな風景を表現しています。
(写真3 東京都立西高等学校 CR東日本)
東京都立西高等学校 CR東日本

4校目は、流鉄流山線“流山駅”をテーマにした「東京都立産業技術高等専門学校荒川キャンパス 鉄道ジオラマ愛好会」の作品です。
Bトレインショーティーを配置して、流山線らしいのどかな風景をモジュールにしています。
(写真4 東京都立産業技術高等専門学校荒川キャンパス)
東京都立産業技術高等専門学校荒川キャンパス 鉄道ジオラマ愛好会

5校目は、使われていない線路と待避線のある「麻布学園 鉄道研究部」の作品です。
安全側線の配置や草に覆われた線路の表現など、細部のつくりにこだわりを感じます。
(写真5 麻布学園 鉄道研究部)
麻布学園 鉄道研究部

6校目は、“春の三国ケ丘に”というタイトルの「帝塚山学院泉ヶ丘高等学校 鉄道研究部」の作品です。
JR阪和線と南海電鉄高野線の三国ケ丘(三国ヶ丘)駅を再現したもので、市販品を出来だけ使わずにつくるというコンセプトのもとに、2線が交差する駅を作り上げています。
(写真6 帝塚山学院泉ヶ丘高等学校 鉄道研究部)
帝塚山学院泉ヶ丘高等学校 鉄道研究部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する