にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の26回目です。

1校目は、“Zone 539 ~青函連絡の歴史”というタイトルの「本郷中学校・高等学校 技術工作研究会」の作品です。
貨車などの列車も一緒に運んだ青函連絡船をテーマにしていて、連絡船の反対側には、青函トンネルの出口もつくられています。
(写真1 本郷中学校・高等学校 技術工作研究会)
本郷中学校・高等学校 技術工作研究会

この作品のこだわりとして、青函連絡船のスクリュー部分もあり、水中まで表現されています。
(写真2 青函連絡船)
青函連絡船

2校目は、“常磐西線翁島駅”をモデルにした「東京大学教育学部附属中等教育学校 鉄道研究部」の作品です。
モジュール全体を囲い、LEDを点灯させるなどして、夜景としています。
(写真3 東京大学教育学部附属中等教育学校 鉄道研究部)
東京大学教育学部附属中等教育学校 鉄道研究部

バスセンターから、奥に保線用の車両が見えるシーンなど、見どころがいろいろとあります。
(写真4 常磐西線翁島駅をモデルにした作品から)
常磐西線翁島駅をモデルにした作品から

3校目は、京成線、東京メトロ千代田線と都電荒川線の“町屋駅”をイメージした「昭和第一学園高等学校 建築デザイン部」の作品です。
再開発される前の街を再現したとのことで、シンプルにまとめられています。
(写真5 昭和第一学園高等学校 建築デザイン部)
昭和第一学園高等学校 建築デザイン部

4校目は、“海と山がある風景”をテーマにした「駿台学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
曲がりくねった線路が特徴的で、建物コレクションとなどをうまく配置したり、架線を張るなどしています。
(写真6 駿台学園高等学校 鉄道研究部)
駿台学園高等学校 鉄道研究部

※学校名に誤りがあり、申し訳ありませんでした。お知らせいただきありがとうございます。訂正いたしました。

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、少し掲載ペースを上げながら続きます。
関連記事
コメント
コメント
非公開コメントへのお返事
非公開コメントへのお返事です。

ご連絡ありがとうございました。
早速、訂正いたしました。

ご迷惑をおかけしてしまいまたが、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
2018/04/06(金) 23:40:40 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/04/06(金) 22:46:35 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する