にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の25回目です。

まずは、JR上越線“土合駅”を再現した「立教新座中学校・高等学校 鉄道研究会」の作品です。
上り線が土合駅の手前、湯桧曽川を渡ってくるあたりからつくられています。
(写真1 立教新座中学校・高等学校 鉄道研究会)
立教新座中学校・高等学校 鉄道研究会

特徴ある駅舎も、しっかりと再現されています。
(写真2 土合駅)
土合駅

一方、新清水トンネル内にある下りホームもあります。
(写真3 土合駅下りホーム)
土合駅下りホーム

地上とトンネル内のホームを、既定の条件内でうまく表現しています。
(写真4 JR上越線土合駅のモジュール)
JR上越線土合駅のモジュール

つぎは、“小川町の日常 ~埼玉の風に吹かれて~”というタイトルの「都立総合工科高等学校 交通研究同好会」の作品です。
郊外のシンプルな情景に見えますが、JR八高線と東武東上線のバラストの色のちがいを再現している凝ったモジュールです。
(写真5 都立総合工科高等学校 交通研究同好会)
都立総合工科高等学校 交通研究同好会

つづきまして、中央線の“大月駅”を表現した「日々輝学園高等学校 神奈川校 鉄道模型部」の作品です。
富士山の背景写真と中央線の車両、また、分岐していく富士急行線の線路で雰囲気を作り出しています。
(写真6 日々輝学園高等学校 神奈川校 鉄道模型部)
日々輝学園高等学校 神奈川校 鉄道模型部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、まだ、紹介していない学校がたくさんあることがわかりましたので、どこかのタイミングで、続けて掲載するかもしれません。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する