にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
グリーンマックス(GM)のエボリューション(EVO)キット103系(鉄道模型・Nゲージ)は、いろいろなメーカーの103系の足回りと組み合わせることが特徴の一つとなっていますが、TOMIXの現行品の103系・HG仕様については想定していないことから、説明書にその記載がありません。
(写真1 Nゲージ・103系 TOMIXとGM EVO)
Nゲージ・103系 TOMIXとGM EVO
※山手線色(ウグイス)がTOMIX、京浜東北線色(ブルー)が塗装済みのGM EVO モハ103

EVOキット103系のみで編成を構成する場合は、足回りをそろえれば問題ないと思いますが、他社製品との混成とする場合は、TOMIXの車体のほうが違和感があまりなく、その場合は、足回りもTOMIXにしたいころです。
(写真2 TOMIXとGM EVO 103系の連結)
TOMIXとGM EVO 103系の連結

しかし、冒頭でも書きましたけれど、説明書には、トミーテック製品の場合、鉄道コレクションのみで、TOMIXブランドの103系に対応させるための記載がありません。
そこで、これに対応するため、いくつかの方法を試しました。
(写真3 GM EVO 103系の説明書)
GM EVO 103系の説明書

その結果、まず、室内灯を取り付ける部分が干渉するため、ボディー(GM)に穴をあける必要があること、次に、窓パーツの残すツメを、TOMIXの台車側のくぼみに合わせて、片側2か所ずつのみにするればよいことがわかり、思いのほか問題なく収まりました。
(写真4 GM EVO モハ103 穴あけ)
GM EVO モハ103 穴あけ

そして、これならモハ102の足回りを、動力ユニットに変えても、そのまま差し替えられるかと考えましたら、室内灯用の突起の位置が少しずれていて、広めに穴をあけないとはまらないことがわかりました。
(写真5 トレーラーとモーター車の穴あけ位置のちがい)
トレーラーとモーター車の穴あけ位置のちがい

TOMIXのボディーで確認したところ、やはり抜けている部分が広めになっていました。
(写真6 TOMIX 103系の屋根裏)
TOMIX 103系の屋根裏

TOMIXの103系は車両の値段が高いのと、バリエーションも多くなりましたので、ボディーだけGMに変えるメリットは、すでにあまりないかもしれませんが、何か必要が出てきたときは、選択の一つとして利用できると思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する