にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第18回 国際鉄道模型コンベンション」(JAM)から、モデラー出展の14回目・最終回です。

今回も、「J-TRAK Society」の皆さんの作品からです。
まずは、車庫がメインとなっているモジュールからで、車両の点検や清掃する作業員の姿も見えます。
(写真1 J-TRAK Society の皆さんのモジュールから)
J-TRAK Society の皆さんのモジュールから

そして、ここからは、個別のモジュールとつながっている大きな車両基地の展示です。
山手線などの車両がとまっていますが、手前の有名なうどん店も気になるところです。
(写真2 車両基地)
車両基地

奥には、房総方面の特急や京急の車両などもありました。
(写真3 京浜急行の車両など)
京浜急行の車両など

かなりたくさんの車両を配置できるようになっていて、メンバーの皆さんのジオラマだけではなく、車両もたくさん展示できそうです。
(写真4 ヤード)
ヤード

第18回 国際鉄道模型コンベンションのモデラー出展からは、自らが出展している関係で写真を撮る余裕があまりなく、近隣を中心にごく一部しかご紹介できませんでしたが、イベントの楽しさが伝わればうれしく思います。

今年度、「第19回 国際鉄道模型コンベンション」は、2018年8月17日(金)~19(日) 東京ビッグサイト(東京国際展示場)東1ホールにて、「北海道」をテーマに開催されます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する