にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の24回目です。

まずは、JR信越本線“横川駅”をテーマにした「自由ヶ丘学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
115系や107系の電車もみられます。
(写真1 自由ヶ丘学園高等学校 鉄道研究部)
自由ヶ丘学園高等学校 鉄道研究部

既製品の改造やプラ板からの製作のほか、展示の方法までモジュールへの熱い思いが伝わってきます。
(写真2 JR信越本線横川駅のモジュール)
JR信越本線横川駅のモジュール

また、ホーム上にも人々のドラマがあり、細かいところまでしっかりとつくられています。
(写真3 ホームの人々)
ホームの人々

つぎは、“春景~京急と大岡川の街並み”というタイトルの「高輪中学校・高等学校 旅行・鉄道研究部」の作品です。
京浜急行線の日ノ出町駅-黄金町駅間の雰囲気がしっかりと表現されています。
(写真4 高輪中学校・高等学校 旅行・鉄道研究部)
高輪中学校・高等学校 旅行・鉄道研究部

つづいては、モジュール内にたくさんの車が配置された駅のある「群馬県立前橋高等学校 前橋高校鉄道研究部」の作品です。
対向式ホームに跨線橋があり、地方の感じがする風景です。
(写真5 群馬県立前橋高等学校 前橋高校鉄道研究部)
群馬県立前橋高等学校 前橋高校鉄道研究部

駅舎は、木造駅舎セットをベースに手を入れているようですが、駅前の作りなど、のどかな感じが出ていてなごみます。
(写真6 たくさんの車の中にある駅舎)
たくさんの車の中にある駅舎

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、もうしばらく、つづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する