にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の22回目です。

はじめは、“JR城端線城端駅”をモデルにした「湘南工科大学附属高等学校鉄道研究部」の作品です。
駅の近くには、建築限界を測る車両もあります。
(写真1 湘南工科大学附属高等学校鉄道研究部)
湘南工科大学附属高等学校鉄道研究部

ホームの手前には、釣りをしている人々がいます。
ここの小石の積み方は、いい感じになっていると思います。
(写真2 釣りをしている人々など)
釣りをしている人々など

また、モデルともなっている城端駅は、中まで作っているということを見てもらえるように、屋根がずらされていました。
(写真3 JR城端線城端駅)
JR城端線城端駅

つぎは、“5月(休日のひととき)”というタイトルの「星翔高等学校 機械研究部」の作品です。
新緑の季節の温かい休日のひとときを表現しています。
(写真4 星翔高等学校 機械研究部)
星翔高等学校 機械研究部

のんびりとした風景の中には、牛の乳搾りをしている様子などもありました。
(写真5 牛の乳搾りをしている様子)
牛の乳搾りをしている様子

つづいては、“自然を体感できるレイアウト”というテーマの「栃木県立宇都宮高等学校 地理部」の作品です。
JR両毛線をモデルにして作られていて、送電線や草木の表現などもすてきです。
(写真6 栃木県立宇都宮高等学校 地理部)
栃木県立宇都宮高等学校 地理部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、つづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する